他のページでもお話したように、すぐにでも水虫を治したい場合にはニゾラールの飲み薬をおすすめします。だけど、私がクリームのニゾラールを使う理由は副作用が起こりにくいからです。

クリームの場合は、小水型の水虫は一般的に、クリームや外用薬で治療ができ、一ヶ月ほど毎日のように塗ることで白癬菌を死滅することができます。

夏の次期など、痒みは感じていない日でも一週間に1~2回ほど風呂あがりにぬることで予防衣つながります。

飲み薬の塗る場合は、爪の間に白癬菌が大量に溜まった場合に利用されるケースが多いです。つまりこれはクリームでは治らない、または改善作用があったとしても、期間が膨大にかかるために飲み薬を使用するということになります。

なかには、クリームを塗るのがめんどうだったり、痒くなるのが嫌だと考える人もいますが、飲み薬の場合は副作用が怖いために出来ることなら最終手段として考えておきたいものです。

抗菌剤だと1週間内服するだけで完治することができます。ニゾラールクリームの成分にイトラコナゾールが含まれているために、内側から白癬菌を死滅させるために効果が期待できるわけです。

ただし、副作用が起こりやすく、胃痛や肝臓に対する副作用が起こりかねません。このようなことが関係されるために、最終手段として考えたいところです。