水虫やたむしの原因である白癬菌を死滅してくれるニゾラールクリームですが、病院の皮膚科やインターネットの医薬品個人輸入で購入をすることができます。

一番手っ取り早いのは、近くのドラックストアーで購入することだと思いますが、ニゾラールクリームは医薬品に部類されるために販売されていません。

どうしても仕事や火事で忙しく、病院に通院をすることができないという人もいますし、医薬品個人輸入で注文をしたとしても、時間がかかるためにためらってしまうという人もいます。

そのために、とりあえず、ドラックストアーで市販薬を購入しようと考える人もいると思います。たしかに、足の裏の痒みを感じた場合、風や頭痛、肩こりと同じレベルのイメージが強いために、まずは自分で薬を塗れば治るでしょうと考える人が多いと思います。そのために、ドラックストアーで1000円ほどの商品を購入する人が多いかと思います。

たしかに、痒みを和らげるのならば間違った選択肢ではありません。これは皮膚のかゆみを予防するために成分が含まれているからです。しかし、水虫の原因である白癬菌を死滅する成分は含まれていません。

薬事法として、ドラックストアーで販売することは認められていないために、あくまでもかゆみ止め販売がされていないわけです。

使い方によってはかえって症状が悪化してしまうことも十分に考えられるために、痒みを和らげつつも、やはり、白癬菌を完全に死滅できるニゾラールクリーム、または飲み薬の選択肢を選ぶことが完治につながります。

インターネットによる個人輸入の場合は、多少の時間がかかる(約一週間)ために、まずは近くの病院(皮膚科)で担当の石に相談をすることをおすすめします。

なにより、そのまま放置すると症状が悪化し、水虫だけでなく、他の病気にも広がるおそれがあるために、十分に注意しなくてはいけません。