暑い時期に足の裏の痒みを感じた時は水虫の白癬菌の増殖が考えられます。かゆみを抑えるために、近くのドラックストアーでかゆみ止めのクリームやスプレーの購入を考える人も多いかもしれませんが、あくまでもかゆみ止めに過ぎず、原因である白癬菌を死滅させることはできません。

そこで利用したいのがニゾラールクリームです。
成分に、白癬菌を死滅させる作用があるために、かゆみとともに、水虫を完治させてくれます。

ニゾラールクリームには、飲み薬も有りますが、たしかに即効性の高い効果はありますが、副作用が強いために、まずはクリームを最初に利用することをおすすめします。

ただし、ニゾラールクリームを使えば確かに完治させることはできますが、再発することも有ります。再発する理由としては単純なことが原因で、普段から清潔を意識していないことです。

頬って置くことで白癬菌は感染力が特に強いために、どんどん菌を増殖し、水虫が起こります。すぐに発症に気づけば、ニゾラールクリームを塗ることで、一ヶ月も立たないうちに完治することできます。

治療せずに、そのまま放置すれば当然の事ながら、どんどんと悪化します。水虫の病気は次第に広がるだけではなく、足の裏全体に及ぶと角質増殖型に行こうし、ついに発目にまで菌が入り込むことも有ります。

こうなるとニゾラールクリームでは効果がほとんど期待できないために、飲み薬を利用することになります。特に、爪のサイドには、アカが大量に溜まっているために、白癬菌の餌になり、増えやすくなります。

白癬菌は足の裏や足の爪だけでなく、たむしやいんきんたむしにもなりますので、常に清潔を維持することを心がけることが重要になります。