ったら風呂に入ってから石鹸で洗えば良いのですが、そのままにしておくことで、このかゆみの原因である菌が常食してしまう・・・これが水虫の要因なんですね、、、

水虫の治療薬のCMなどを見ると目にしたり耳にしたりすることはあると思いますが、水虫はかゆいだけでなく、痛みを感じたり、体内に入り込み、大きな病気になるおそれがあると言われています。

そのために、少しでも違和感を感じた時には対処策として、ニゾラールクリームを使ったりとか、他の水虫クリームを利用することが重要になります。

水虫の原因はカビの一種の白癬菌と言われ、水分や赤などの養分があり、靴や靴下で保湿されているため。特に靴では分厚い革などに水虫が出来やすいと言われています。

単純に汗をかきやすく、靴の中に水虫が繁殖しやすいのが特徴的なので、汗をかきやすい時期の夏に革靴を長時間にわたり靴を履いていると、当然の事ながら水虫ができやすくなります。

なので、毎日のように風呂に入り足の裏を石鹸で綺麗に洗ったり、定期的に革靴の中を洗うことが重要になるかと思います。

ただし、わかって入るのですが、いろいろな理由で疎かになってしまい、水虫が起こりやすくなる。水分や赤などの養分が足の裏や指と指の間に繁殖してしまい、痒みや痛みが起こってしまい、なかなか治らなくなります。

なので、どうしても治らない時に、水虫のクリームを利用するわけですね。

ここで気をつけたいのが、ドラックストアーで販売されているクリームよりも専用のニゾラールクリームなど病院で販売されているクリーム。

簡単にいえば、痒みを改善してくれる成分と、完全に水虫を死滅させてくれる成分の違いなんですね。

販売しているところでの違いはありますが、まずは自分自身がどれくらいの症状で悩んでいるかを理解して上で利用することが重要になるかと思います。