そんなことは全く関係ないでしょ?ッと思っていたことが実は関係していたりします。

妊娠すると今まで飲めていた薬などが胎児への影響を考えて飲めなくなります。

今まで水虫の治療のために使っていた薬は使っても良いのか、きちんと調べておきたいところです。

また妊娠前は何ともなかったはずが、妊娠してから水虫になるという人も少なくありませんが、それは何故なのでしょうか。

そもそも妊娠前は健康だったのに、妊娠した途端に風邪を引いたりして免疫力が下がるのを、身をもって実感した事がある人は多いはずです。そこまで気にしていなかったけど、先々のことを考えると、お腹のことが気になりということで、対策を迫られてくるはずです。

それは体が胎児を異物と判断して早産や流産を起こしてしまわないよう、あえて体が免疫力を下げるのです。

胎児の遺伝子は母親だけでなく父親の遺伝子もあるために体は免疫力がそのままだと異物と判断し、体内で攻撃してしまうのを防ぐためです。

そのため細菌に感染しやすいため水虫にもかかりやすいという事になります。

症状がそんなに出なかった人も、妊娠をきっかけに足が痒いといった事で水虫に気付く人がいます。

では妊娠中に水虫の治療をしたい場合、薬は出してくれるのか気になりますね。

水虫の薬には2種類あり、塗り薬と内服薬に分かれています。
自分にあった対策を行うことが重要になるはずです。

内服薬を使うのは水虫が爪にまで侵食された爪白癬の状態の時です。

爪白癬は塗り薬だけでは中々治る事が難しいと言われており、飲み薬と併用しながらの治療が通常です。

しかし妊娠中は内服薬については胎児の安全のため処方してくれません。

塗り薬については体内に吸収される薬の量は少量であるため、処方してくれる病院もありますが念のため薬は出さないという病院もあります。

塗り薬と言えども100パーセントの安全性は確立されていない薬だからです。

病院によって異なり、あとは自己判断となります。

妊娠中に水虫になったり、今まで水虫の人もそれ以上の悪化を防ぐために足のケアはしっかりと行っておきましょう。

まずはミコナゾールが含まれている石鹸で清潔に足を洗い、蒸れないようストッキングよりも汗を吸収してくれる綿の靴下を利用するのがおすすめです。

ただしあまりにゴシゴシと洗いすぎると傷がつき、そこからまた白癬菌が入り込むので優しくが基本です。

また何回も洗いすぎると常在菌がいなくなるので、それはまた肌にとって良くない環境ですから洗いすぎには注意してください。

患部を手で触ると手白癬になり、手にも水虫はうつるのでむやみに触らず触った後はすぐに洗いましょう。

妊娠中は免疫力が下がり色んな病気にかかりやすい状態ですが、免疫力を上げる食事をしっかりと取り、睡眠を多くとるのも水虫の予防にはおすすめ。

自分に本当に大切なことを行い、最低限の対策をすることが重要になるはずです。