生活をしていると、悩みは尽きないものです。そんな中でも、様々なことで、悩みを抱えている人はいるはずです。

水虫患者は足の臭いでも同時に悩む人が多いようですね。

そもそも水虫だから足が臭いのかと疑問に思う事もあるでしょう。

カビの一種である白癬菌が匂いを発生させてしまっているのか気になるところです。

脇と同じく足は臭いが発生しやすい場所ですから、しっかりとケアしておくのがエチケットです。

まず白癬菌が臭うのかという事についてですが、答えはノーで水虫にかかった人は皆臭うという事ではありません。

しかし、水虫を抱えている人は足が臭いというのはそういうケースが多いという答えになります。足が臭い、つまりぷーんとするような臭いは自分だけでなく周りの人に対しても嫌なイメージを与えてしまいます。

何故かというと、水虫が住み着きやすい環境はジメジメと湿った状態である事が多く、靴や靴下の蒸れは水虫だけでなく臭いも発生しやすいからです。

臭いも水虫も同じような環境下で発生しやすい事から、水虫が臭うと思われている事が多いのでしょう。

水虫は体に住み着く真菌の一種ですが、臭いの原因も詳しく知っておきたいところです。

足の臭いはツーンとした酸っぱい臭いや納豆のような臭いがしますが、これはイソ吉草酸と呼ばれる脂肪酸によるものです。

足の裏にはエクリン腺と呼ばれる汗腺が多く存在するため汗をよくかく部位です。

靴下や靴で汗をかくと、その汗自体は臭いが無いのですが湿った部分が好きな細菌が寄ってきます。

細菌はどんどん活性化していき、足の皮脂や汚れを分解するとイソ吉草酸と呼ばれる脂肪酸を出します。

これがあの独特な臭いの原因になるのです。

爪の中も埃や垢が溜まりやすく、ケアをついつい忘れてしまう場所なので臭いが発生しやすくなります。

水虫もそうですが、まずは靴やスリッパなど足を直接つける物は頻繁に清潔に洗っておきましょう。

その事で使う物の臭いも緩和されます。

また細菌のエサになる角質を定期的に取る事が大切です。

角質があると水虫がその奥に繁殖した場合、治療にもかなりの時間がかかる事があります。

柔らかい皮膚の部分が数ヶ月で治っても、角質があると1年以上もかかる場合があります。

どちらにとっても角質は良くありませんので、軽石や電動の研磨剤で角質を取ってください。

また足を洗う際には爪の部分もしっかりと洗い、爪は短くしておきましょう。

特にストッキングを履く女性は消臭スプレーや消臭用のインソールを使い、こまめに消臭を心がけましょう。

水虫が今なくても足が臭い人は、同時に水虫になりやすい環境である事を忘れずに、水虫予防として足を清潔に、また蒸れないようにしておきたいですね。

また水虫の人も足の臭いも同時にケアしていきましょう。そのままにしておくことで、本当につらいような匂いになってしまうので、最低限のケアを行っておこましょう。