医者に見せるのが恥ずかしいから自分ひとりでこっそりと直したいという考えを持つ人もいるはず。そんな水虫の悩みに対して、ニゾラールが解決してくれます。

ニゾラールクリームは水虫に効果的な塗り薬ですが、塗ってみたけど効いているかよく分からないという声もあります。
また、どれくらい塗れば良いのかよく分からないといった意見も聞かれる薬です。

それは水虫の再発率が高いやっかいな病気であるために、ある程度継続して使わなければならないからです。
症状に個人差があるため、ここで判断できるという確固たる答えがないのが事実ですが、目安になる期間使用するようにしましょう。

そもそも水虫は足に存在していても、初めの方は自覚症状がない人が殆どです。

この自覚症状が無いというのがやっかいなところとなるのです。
水虫になれば痒くなったり白くなる、また水ぶくれのような症状がでます。
見た目は大丈夫なのかと思うのですが、つらい部分に対しても成分ケトコナゾールが解消してくれるわけなんですね。

人によって個人差はありますが、ニゾラールクリームを塗ると痒みについては数日でおさまる人が多いようです。
そして赤みや水ぶくれなど、1ヶ月程度きちんと塗っていれば緩和されてくるのが通常です。

しかしここからが肝心なのですが、水虫菌は治ったと思ってもまだ足にはいるのでここからも塗り続けていくのがポイントとなります。
水虫歴や症状の程度にもよりますが、あと1ヶ月は使うようにしてください。

最低でも2ヶ月は使い、爪にも水虫がある人は中々クリームだけで治るのは難しいのでその場合は内服薬も検討してください。
また水虫の足を洗う石鹸に、ミコナゾールという成分が入った石鹸が売られています。

ミコナゾールはカビに効果的な石鹸なので、それを継続的に使用し、普段から水虫がこないような環境作りが大切です。
薬をやめてもこのような石鹸を使う事で予防にもなります。

また稀にニゾラールクリームを使用したら、余計に赤みが強くなったという人がいます。

その場合は副作用で接触皮膚炎になっているケースも確かにありますが、ニゾラールで肌にいる常在菌までもが取れてしまい肌バリアが低下してしまっている事があります。

水虫だから清潔にと足をゴシゴシと石鹸で洗いすぎている時に、さらに菌を死滅させるニゾラールで悪化している事も考えられます。
その場合、あまり石鹸で洗わず水でさっと洗う程度で常在菌を取りすぎないように意識してください。

それでも効果がない場合は肌の菌バランスがうまく取れていないので、使用を控えましょう。

ここまで使えば良いという判断は難しい薬ですが、治ったと思っても水虫がいる事もあります。
様子を見ながら行い、徐々に良くなっているか足の様子をよく見ておく事が大切です。

水虫と言われるものも、足の指の股がかゆくなる水虫や足の裏に小さい水疱ができるタイムもありますが、ニゾラールの場合はしっかりと解決してくれます。